→働き方 【コンパニオン関連】

ついついやりがちな「損する行動3選」

ついついやりがちな「損する行動3選」

デリヘルはハードなお仕事です。

その上、本職があったり、学校があったりすると両立するのが大変ですよね。

その分デリヘルは女の子の自由が利く便利なお仕事です。

しかし、よっぽどきちんと働くことを意識しないとどんどんルーズになってしまう危険もあるんです。

今回は忙しい時、疲れている時についついやってしまう行動をまとめてみました。

1.当日欠勤

お昼間のお仕事が残業になったりしてしまうと仕方ないかもしれませんが、

うっかりスケジュールを忘れていたり、後から入った予定を優先したりしてしまい、当日欠勤してませんか?

では、次に当日欠勤をするとどうなるかを考えてみましょう。

もしご予約が入っていたらお客様に迷惑をかけてしまう

事前にご予約を頂いている場合、お客様の予定を崩す羽目になります。

あまり当日欠勤が続くと信用が無くなり、事前予約が入らなくなります。

もし、隙間時間(待機時間)ができてしまうと稼働率が下がり、どんどん稼げなくなってしまいます。

またフロントスタッフも休みがちな女の子の予約を取るときは慎重になります。

もし、当日欠勤になった場合、自分たちがお客様から怒られますし、手間もかかります。

一生懸命取った予約を無駄にするのですから当然ですよね。

ドライバーの段取りを組んでいるとフロントスタッフやドライバーの予定が変わってしまう

女の子が少ない時間帯に当日欠勤があると、ドライバーの出勤時間をズラさないといけなくなる場合があります。

時給で働いているドライバーですから、出勤時間が短くなるのは困りますよね。

更に、ギリギリの当日欠勤の場合は既にお迎えの予定を組んでいる場合もあり、予定の変更でドライバーの配車の段取りが変わってしまいます。

出勤の追加や変更を入力するフロントスタッフに手間がかかる

女の子の出勤に変更があると、フロントスタッフが更新作業をします。

デリヘルはたくさんの情報サイトに出勤情報をアップしないといけません。

ダミー店やミラー店がある場合は更に更新の項目が増えます。

そして、女の子の出勤追加・変更・当日欠勤を含めると、忙しい店では一日20人〜30人ほどの情報の更新をします。

この過程で、出勤の入力漏れや変更忘れが起きてしまうと、女の子も損をしてしまうことになります

2.早退

「ちょっと早いけど今日は暇そうだから帰ろうかな」

デリヘルで働いてる女の子でしたら誰でも考えたことはあるのではないでしょうか?

待機時間が長くなると仕事をする気が無くなってしまいますよね。。。

ですが、これもあまりにも回数が多いと稼ぎに直結します。

帰りの時間ギリギリ(もしくは少し時間をオーバーする時間)にご予約が入ることってよくあるんです。

「後30分早く電話くれればいいのに」女の子はもちろん、フロントスタッフもよく思うことです。

ですが、この「最後の一件」がばかにできません!

週に1回もあれば、月間で3万〜5万円ほどの稼ぎになるでしょう。

もし、粘らずに早々に見切りをつけて帰宅してしまうとこの分が少なくなってしまうんです。

なので、フロントスタッフに相談をして、残れそうな時は残った方が結果的にいいんです。

3.出勤予定をギリギリで提出する

これもありがちですが、前日や当日に出勤を出す子と1週間前に予定を出す子では、

お客様の目に留まる機会が全然違います。

ビジネスホテルやシティホテルに出張するデリヘルでは前日予約が意外と入るんです!

出張などで来られる方は前もって出勤情報のチェックをするんですね。

前日までに予約を済まされる方は、当日出勤を出す女の子に予約を入れることは永遠にありません。

なぜならその方が出勤情報を見る時にはその子は載っていないんですから。

これは立派な機会損失ですね。

スケジュールを組むのは大変だと思いますが、なるべく前もって出勤予定を出すように心がけましょう。

まとめ:どうせやるならしっかり稼ぐ

ついついやりがちな「損する行動3選」はどうでしたか?

どうせ大変な仕事なのですから、なるべくしっかり稼ぎましょう。

そのためにも、

・出勤は前もって出す

・当日欠勤はしない

・早退はしない

これを頑張ってみてください!

無理な予定は出す必要はありませんが、誰にも迷惑をかけないように、なるべく変更のないようにしましょう。

でも、どうしても仕方ないときは甘えましょう。

普段頑張ってくれてる貴女なら周りは許してくれますよ!

-→働き方, 【コンパニオン関連】
-, ,

Copyright© デリヘルの辞書 , 2022 All Rights Reserved.