【お客様向け】

デリヘル遊びの心得【嬢に嫌われるNGワード5選】

デリヘル遊びをする時に、ついつい言ってしまうNGワード

いつも「デリヘルの辞書」を読んでいただいてありがとうございます。

今回は、デリヘルに遊びに行った時に、うっかり言ってしまいそうな、マイナス評価を付けられてしまう「NGワード」をご紹介します。

デリヘルを利用している男性の大半は地雷を踏んでいるかもしれません。

そもそも男に女心が理解できるはずもないですが・・・(泣)

デリヘル遊びはお客様とデリヘル嬢のハーモニーです。

お金の払っているわけではないので、くれぐれもパワハラにはご注意ください。。。

1.「他の子は本番させてくれたのに」

他の女の子の話をすること自体、感じの悪い事ですが、

その上、他の女の子は本番させてくれたというのは「貴女は他の子以下のサービスしかしてないよ」という意味で伝わります。

もちろんデリヘルでは本番はサービスに含まれていませんので、断る権利があります。

この場合、認識を間違えているのは「お客様のほう」です。

そもそもデリヘルで本番を求めるのはいかがなものかとは思いますが、男性ですから仕方ないでしょう・・・

本番したいなら女の子が本番させてあげたくなるような男性として振る舞いましょう。

他のお客様と同じかそれ以下で特別なサービスができるわけがありません。

2.「写真と違うね」

パネル写真は修整していたり、モザイクがかかっています。

バレたらマズイ仕事をしている女の子の写真をそのまま出すわけにもいかないですよね?

そこは大前提でいてください。

そもそもパネル写真の修整権を持っているのは店舗運営側です。女の子個人になんの責任もありません。

こんな事を言ってしまうことによって、只々女の子が傷つくことになります。

絶対に止めましょう。

3.「彼氏いるんでしょ」

ハッキリ言って、人気がある子は彼氏がいるものです。

それだけの魅力があるので当たり前です。

お客様心理としては「外で会って」「あわよくば付き合って」と考えているものだと思いますが、
他にも住んでいるところやお仕事などのプライベートな質問は嫌がられます。

4.「なんでこんな仕事してるの?」

こちらもプライベートな質問ですが、仕事をしてる事に対して説教してしまう方がいます。

自分はデリヘルを利用してることを棚に上げてデリヘルの仕事を否定するような発言は避けましょう。

5.「俺うまかった?気持ちよかった?」

プレイ後に「気持ちよかった?」と聞いてくる方もいるようです。

女の子も本気で感じている女の子もいれば演技をしている女の子もいると思いますが、たくさんの男性と出会っている女の子ですから、本当のテクニシャンを知っている場合があります。

本当のテクニシャンに普通の人が勝てるわけありません。

また、女性というのは初対面の男性にそこまで心を開くはずもなく、あって数10分の男性と最高のエッチができるわけないのです。

2回、3回と会う回数を重ねると女の子の方も心を開いてくれると思うので、初めての女の子にこの発言をするのは恥ずかしいので止めましょう。

まとめ:結局、紳士的な男性が一番得する

「嬢に嫌われるNGワード」いかがでしたか?

結局、女性に優しい大人の男性が好かれる(いいサービスを受けれる)ということだと思います。

やっぱりデリヘル嬢も女性なのです。

プライベートでモテる紳士はデリヘル嬢からもモテます。

「口は災いの元」

悪意のない失言も女性を傷つけてしまいます。

逆に、いい人だと思われれば女性も好かれようと頑張ってくれるのです。

その辺りを踏まえた上で楽しいデリヘル遊びをしてください。

-【お客様向け】
-, , ,

Copyright© デリヘルの辞書 , 2022 All Rights Reserved.