→デリヘル開業 【デリヘル経営関連】

デリヘル開業ガイド【コンセプト選び】

デリヘルを開業しようと思うと、どんなお店にするかを決めなければいけません。

コンセプトが決まらないと、お店の名前も決めれませんし、ホームページも作れません。

ではどんなジャンルのデリヘルがあるのでしょうか?

若専スタンダードデリヘル

一番オーソドックスなデリヘル店のジャンルです。

「可愛くて若い女の子が多い」というイメージの大衆店ですね。

■メリット

  • お客様にどんなお店か伝えやすい
  • 面接後、即日体験入店ができる

■デメリット

  • 競合が多すぎる
  • 若い女の子は扱いが難しい

人妻デリヘル

実は、デリヘル業界の中で一番店舗数が多いジャンルです。

■メリット

  • コンパニオンが集まりやすい
  • 人妻店のコンパニオンは大人なのでしっかり仕事をしてくれる

■デメリット

  • コンパニオンに稼ぐ理由が明確にあるので、暇だとすぐに辞めてしまう
  • 一件あたりの単価が低く、客数・コンパニオン・ドライバーの数がたくさん必要

性感エステ系

「性感エステ+手コキ」まで、「脱がない・舐めない・触られない」というソフトサービスのジャンル。

■メリット

  • ソフトサービスなのでランクの高いコンパニオンが集まりやすい
  • 女性の求人募集が多い

■デメリット

  • エステの指導が必要
  • 単価が安くなりがち

ハイブリッドエステ系

最近では、性感エステの進化系ともいえる、エステにヘルスサービスまで備わったハイブリッドエステも増えてきました。

■メリット

  • エステとヘルスを合わせたサービスなので単価が高い
  • 単価が高いので客層が良い
  • 単価が高いので女の子が稼ぎやすい

■デメリット

  • コンパニオンのレベルを保つのが大変
  • エステの指導が必要

SM系デリヘル

本格的なSMサービスが受けれる専門店。

■メリット

  • 競合相手が極端に少ないのでリピーターが取りやすい
  • 顧客がMなので、女性に対するトラブルが少ない
  • 富裕層が多く、利益率が高い

■デメリット

  • 顧客を満足させるためのハードルが高いので徹底した指導が必要
  • そもそも市場のパイが少ないので地方では難しい

高級デリヘル

最上級の女性を集め、富裕層のみをターゲットとした理想のお店。

芸能人のたまごや有名単体AV女優なども働くジャンルのお店です。

■メリット

  • 単価が高い
  • 客層が良い

■デメリット

  • コンパニオンのレベルの維持が大変
  • 有名なAV女優などはパイプがないと獲得できない
  • 市場のパイが小さい

コンセプトが決まればターゲットも決まる

どんなお店にするか決まれば自然とターゲットが決まります。

ちなみに、自分のお店の女の子の平均年齢+20歳くらいが顧客の中心年齢となる傾向があります。

20代の女性が働くお店なら40代のお客様が増えます。

30代〜40代の女性が働く人妻店なら50歳〜60歳前後のお客様が多いはずです。

他にも、エステ系なら「癒されたいという願望がある」「どうせマッサージをしてもらうなら綺麗な女性にしてもらいたい」など、顧客の願望も見えてきますよね。

それに加えて「普通のデリヘルは抵抗がある女性」「エステのお仕事に興味がある女性」を探すのです。

ターゲットが決まれば、それに合わせてホームページを作ったり、イベントの説明文を書いたり、求人の文章を考えていくことができます。

そういう流れでお店というのはできていきます。

-→デリヘル開業, 【デリヘル経営関連】
-, ,

Copyright© デリヘルの辞書 , 2022 All Rights Reserved.