→店舗運営 【デリヘル経営関連】

デリヘルの辞書的「デリヘル改造論」

デリヘル業界の向上のための「デリヘル改造論」

貴方は今の状況で満足できていますか?

今のデリヘル業界は問題だらけです。

  • 仕事が楽しくない
  • 収入が上がらない
  • 人手が足りない
  • いつまで経ってもお金が貯まらない
  • 客層が悪い
  • 仕事が割に合わないと感じる
  • 辞めたいけど辞めれない

など、様々な問題を抱えています。

今回は私の考える理想のデリヘル運営の方法、デリヘル業界の変え方として「デリヘル改造論」の話をします。

現実には非常に難しいですが、少しずつ賛同者を集めて、いつか実現したい私の夢です。

デリヘル業界をもっと夢ある業界にしたいのです。

女の子のお給料をもっと上げたい

もちろん、長年営業してる大手とオープンしたての新店ではバック率も違いますが、今のデリヘルでは60分コースのフリーバックが8000円前後、指名の場合でも10000円ほどです。※大衆店の場合

いわゆる激安店や人妻店では60分5000円くらいのお店もザラにあります。

初めて会う見知らぬ男性とエッチなことをするわけですし、身バレ・性病などのリスクも抱えていますので、もっとバックが高くてもいいのではないでしょうか。

スタッフのお給料をもっと上げたい

デリヘルのシステム上、繁盛しているお店でも、1店舗(1箇所の拠点)で年収1000万円を超えて金銭的に潤うのは上から2人くらいのものです。

もっと大勢の従業員を稼がせようと思うと他店舗展開をしていくしかありません。

デリヘルのお仕事は履歴書に書けない仕事です。

スタッフの将来のためにも、もう少し社会的信用や収入がないと報われません。

ドライバーのお給料をもっと上げたい

今のデリヘルドライバーの平均時給は900円スタート、高くても1000円くらいです。

確かに、時間も融通がきき、女の子が乗っていなければタバコを吸ったり、電話をしたり、コンビニに行ったり、仮眠を取っても構いません。

ですが、自家用車の持ち込みという形で働いているので、車が痛む(壊れる)リスクがあります。

メンテナンス費用も実費ですし、実際に車が壊れてしまうようなことになると割に合うのでしょうか?

しかも、女の子の出勤が減ったりすると当日になって休みになることもあります。

今時、飲食店でも夜間なら時給は1000円を超えますし、もう少し、デリヘルドライバーのお給料も上がるようにしたいものです。

デリヘルの客単価を上げるには

なぜデリヘル業界で働く人のお給料が上がらないか

これはひとえに「お客様から頂く料金の問題」です。

年々、広告費も高くなり、出稼ぎ制度の普及に伴いスカウトマンやプロダクションに対する紹介料も上がっています。

それと比べて集客面は大手が強く、個人店には露出の部分で限界があるので、集客も大変です。

働く女の子や従業員を支えるために「安売り」をしてしまうこともあるでしょう。

ですが、デリヘル業界全体を良くするためには「料金を高くする」必要があると思います。

ステップ①「デリヘル協会」を作る

同じような悩みを抱えるデリヘル店同士で連合を組み、デリヘル協会を作ります。

そして、デリヘル協会の中で「悪質客」「トラブルを起こした従業員」などの情報を共有し、リスクを回避します。

それに、デリヘル協会があれば、女の子のお給料や客単価設定などの業界相場を決めることができます。

そこのエリアに60分20000円のお店しかなければ、お客様もその料金で遊ぶしかなくなります。

ホームページに「デリヘル協会」のロゴを掲示していけば協会の信用も増していき、デリヘル協会に信用があれば、加盟店の信用も上がるというWIN-WINの状況を作れます。

ステップ②レベルの低い女の子やスタッフを排除する

客単価を上げようと思うと、女の子やスタッフの質を上げる必要があります。

厳密に言うと、質を上げると言うよりは「質の低い女の子やスタッフにデリヘル業界を卒業してもらう」と言う方が正しいかもしれません。

60分に対して20000円でも30000円でも割に合うと思ってもらえる女の子はたくさんいます。

仕事のできるスタッフもいるでしょう。

ですが、一部の質の低い女の子やスタッフのせいで、購買意欲を削がれたお客様の財布のヒモが硬くなるのです。

質が低いというのはルックスだけの話ではありません。出勤態度やサービスなどを含めて、ということです。

やる気のない女の子はその辺でアルバイトをするのと変わらないようなお給料しか稼げません。

それで様々なリスクを背負っているのですから割に合わないはずです。

そんな女の子は「リスクに見合った稼ぎを得る」「デリヘルを卒業する」かはっきり決めた方がいいです。

100万円を何ヶ月もかかって稼ぐより、1ヶ月で稼げる方が良いに決まってます。

そして、それを意識させないスタッフも問題があります。

自分のお店の女の子を最大限に稼がせるのもデリヘルスタッフの重要な仕事なのです。

質の低い女の子やスタッフの割合が下がると、それまでそこに回っていたお金が循環しだします。

稼げる女の子はどんどん稼げるようになるでしょう。

ステップ③お客の再教育

デリヘル協会でブラックリストを共有することで、圧倒的に客質の改善ができます。

それに加えて、お客様に正しいデリヘル遊びを教えることで、お客様のモラルも上がるはずです。

協会サイトで「正しいデリヘル遊び講座」などのコンテンツを作るのも良いでしょう。

そもそも、大人の男性にとって、一般の女性とデートするよりもデリヘルで遊ぶ方がリーズナブルなはずです。(本番はできませんが・・・)

魅力的な女性を派遣する代わりに、お客様にも大人の遊び方をしてもらうようにするのが理想的です。

ステップ④納税意識の改善

デリヘル店というと脱税をしているお店、そもそも納税すらしていないお店もあります。

女の子やドライバーも確定申告などしていないでしょう。

納税は国民の義務です。ローンを組む時、家を借りる時などに所得証明や確定申告表の提出を求められて困る人も多いのではないでしょうか?

今よりしっかり収入が上がったら、ちゃんと納税義務を果たすことが理想です。

そして、普通の社会人と同様に、デリヘルのお仕事でもマイホームの購入だってできるのです!

誰にも言えないお仕事ですし、しんどい思いをして稼いだお金ですが、文句のないお給料の配分であれば、納税しても損はしないでしょう。

まとめ:協会設立のハードル

デリヘル協会の設立を含めた「デリヘル改造論」いかがでしたか?

理想を詰め込んだ構想ですが、実際はハードルが高いのです。

実際に行動に移すとすれば、大手は最初は加入しませんし、個人店・小規模店の連合のような形になるでしょう。

その状態で誰が協会の運営をするのかも大きな問題です。

そしてうまくいった場合も協会の作ったルールでデリヘル業界に競争原理が働かなくなる恐れもあります。

このように、様々な懸念はありますが、デリヘル業界の現状を変えるためには「デリヘル改造論」が必要不可欠だと思います。

今のデリヘル業界は単価が低すぎます。

私は、デリヘル業界全体がもっと豊かになるように頑張りたいと思います。

-→店舗運営, 【デリヘル経営関連】
-, ,

Copyright© デリヘルの辞書 , 2022 All Rights Reserved.