→店舗運営 【デリヘル経営関連】

デリヘルでも必須!新型コロナウイルス対策【具体例】

デリヘルでも必須!新型コロナウイルス対策!

いつもデリヘルの辞書を読んでいただいてありがとうございます。

新型コロナウイルスの影響が日に日に強くなってきています。終わりの見えない問題に疲弊しているお店も多いでしょう。

実際に潰れてしまったお店も出てきたようです。

今回はデリヘルでできる新型コロナウイルス対策についてのお話です。

  • マスク着用の徹底
  • 事務所や待機室に消毒用アルコールを常備する
  • 出来る限り送迎をつけ、公共交通機関を使わないようにする

これは徹底しましょう。

風俗店に何かあっても銀行や国は助けてくれません。自衛をする必要があるのです。

そもそも、なぜ新型コロナウイルスでデリヘルに影響があるのか

そもそも、新型コロナウイルスでデリヘルにどのような影響があるかをご説明します。

これを正しく理解していないとことの重大さを把握できません。

①出張のお客様が極端に減る

出張を取りやめる会社が多いので、出張のお客様が極端に減ります。

出張のお客様は単価が高い傾向があるので、損害が出ます。

また、お店にリピーターが少ないお店は出張客の割合が高いので、そのようなお店には死活問題ですね。

②自粛ムードになるお客様の中には過敏に反応したり、健康意識が高い人がいる

このような方は、今回のような新型ウイルスや、花粉症・インフルエンザの流行っている時などは外出自体を控えます。

また、世間が自粛ムードの時は財布の紐が硬くなるのです。

③自営業・会社経営者は経済の影響をダイレクトに受ける

自営業者や会社経営者のお客様は、急なトラブルに対応したり、長期的な対策を考えたり、お仕事が忙しくなります。
また、事業が傾くとデリヘルで遊ぶどころではなくなってしまいますよね。

ぴゅあらばの「新型コロナウイルスに関する案内」を活用する

ぴゅあらばの特設コンテンツで「新型コロナウイルスに関する案内」を表示することができるので、実際に行っている対策を必ず記載しましょう。

そして、折角なので、ここで作った文章は他の広告サイトに転用しましょう。

新型コロナウイルスの影響を甘くみない

風俗業界は普段から非常に健康意識が低い傾向がありますが、実際に新型コロナウイルスが社会に与える影響は非常に大きいです。

女の子やドライバーに伝達を出す

お店の中で新型コロナウイルスをいじってネタにする「コロナジョーク」が飛び交ってませんか?

マスクの着用、手洗いの徹底、アルコール消毒などはできていますか?

送迎中の車の中、お客様の前、写メ日記などで不用意な発言が出ないように、女の子やドライバーにもしっかり伝達を出しましょう。

※伝達例※

【伝達】コロナウイルス対策

連日ニュースになっている新型コロナウイルスに関する対策についての伝達です。
ご協力お願いします。

①接客中以外のマスク着用をお願いします。
出勤前、移動中などマスクの着用をお願いします。もし、手持ちのマスクが無い方は出勤の度にひとつ差し上げますのでフロントまでお申し付けください。

②手洗い、消毒のお願い。
出勤時、派遣先などで手洗いをお願いします。
出勤時に事務所に消毒用アルコールがありますので、ご利用ください。

③安易に新型コロナウイルスをネタにしないようお願いします。
お店の中やお客様との会話、写メ日記に投稿する内容も含めて、安易に新型コロナウイルスをネタにすることは控えてください。
不安に感じる方も多いです。
本当に不調がある場合は当日欠勤でも構いませんので大事を取り、専門機関を受診してください。

長期的に生き残ることを考える

新型コロナウイルスの感染者が出たコンビニや飲食店は自ら営業を自粛しています。その話を聞いて「営業をしなかったら売り上げ無くなるじゃん」と思いますか?

しかし、大手企業は目先の売上より徹底した対応を怠ることの方が危険だということをわかっているのです。

風俗業界でも「新型コロナウイルスの対策をホームページで大々的に載せる」「広告費の大幅カット」「出稼ぎの女の子の条件の見直し」など、あらゆる方法でコストカット、リスクヘッジをしています。

働く女の子からしたらたまったもんじゃないでしょうが、こういう行動が早いお店が最終的には生き残るのです。

「ウチから感染者は出ないし関係ないだろ」「今日も暇だな」と思っている間にお店は潰れます。
なるべく迅速に動きましょう。

-→店舗運営, 【デリヘル経営関連】
-, , ,

Copyright© デリヘルの辞書 , 2022 All Rights Reserved.