→集客 【デリヘル経営関連】

「黒ギャル」という圧倒的個性をデリヘルで活かす

「黒ギャル」という圧倒的個性を味方につける

いつも「デリヘルの辞書」を読んで頂いてありがとうございます。

普段の受付電話では「清楚な女の子がいいです」「ロリっぽい子でお願いします」「業界未経験の女子大生はいますか?」こんなことばかり言われますよね。

デリヘル業界の流れとしては「清楚・ロリ・素人」は鉄板なんですが、今回はそれと真逆に位置する「黒ギャル」についてのお話です。

黒ギャルの希少価値

自分の周りに若い黒ギャルっていますか??

「自分の周りに若い黒ギャルがいる」という人はかなりの少数派ではないでしょうか?

その希少性が需要に繋がります!遊んだことのない黒ギャルと、デリヘルで遊べるなら一度くらい・・・と、指名が入るのです。

黒ギャルのイメージ

「黒ギャルのイメージ」について考えてみましょう。

  • プレイがエロそう
  • 身体がエロそう

このようなイメージがあるのではないでしょうか?

これは実はかなりのアピールポイントです。

素人っぽい女の子が好きなお客様も多いですが、実は、大半の男性は単純に性的に楽しみたいという願望があるのです。

その願望を圧倒的に叶えてくれるのが「黒ギャル」なのです!

つけ爪やネイルなど、爪が邪魔にならなかったら風俗エステ店だって需要があると思います!

しかし、唯一、人妻店とは相性が悪いと思います。

人妻×黒ギャルの需要は極めて少ないからです。

ぜひ一度は「黒ギャルの恩恵」を

中々、求人応募で黒ギャルが面接に来ることは少ないですが、もし、そのような機会があれば、積極的に採用して見て欲しいです。

  • ルックスが普通より良い
  • スタイルが普通より良い
  • 顔出し(もしくは目出し)がOK

このような条件が揃えば、即採用で間違いないと思います!

しっかり売り出せれば高単価も夢ではありません。

黒ギャル採用の注意点

黒ギャルの魅力はその希少性にあります。

もし、黒ギャルがお店に数名いる場合は、お客付きにバラツキが出てきます。

元々需要が多いわけではないので、供給過多にならないように、お店に在籍してもらう黒ギャルは同時に1〜2名が限界だと思います。

また、中途半端に売り出してはダメです。「黒ギャル」ということを前面に押し出し、パネル撮影やブランディングにも気をつけましょう。

-→集客, 【デリヘル経営関連】
-, ,

Copyright© デリヘルの辞書 , 2022 All Rights Reserved.