→働き方 【コンパニオン関連】

デリヘルの「身バレ」について【要注意】

写真でたまたま知り合いにバレる確率は天文学的数字

いつも「デリヘルの辞書」を読んで頂いてありがとうございます。

「パネル写真を見られて、知り合いにバレないか不安です」

面接をしてると、これは女性からかなりよく聞かれる不安点の一つです。

結論からいうと、写真からはまずバレないと思って頂いて問題ありません。

デリヘルのパネルの修整技術は凄まじいのです

顔出ししてモザイクをかけていても、輪郭や雰囲気などでバレたりしないか不安ですよね。

デリヘルでは顔出しをしていないと稼げない(選ばれない)というリスクもあり、

身バレを防ぎながら電話も鳴らすという考えを追求しています。

その結果「パネマジ」「パネ詐欺」という言葉が出来て、お客様を不安にさせることになるのですが・・・

とにかく、お店のホームページにアップする写真は、スマホなどで撮影するスナップ写真などとは違い、巧みに修正・加工してあるものがほとんどです。

現代の修整技術を持ってすれば「別人になります」ので写真で知り合いにバレたというケースは、現実的にも少ないのが現実です。

しかし、修正後の写真を「自分で見ると、自分に見えてしまうもの」です。

さらに一歩工夫すると安心できるでしょう。

自分が安心して働く事が何より大事

身バレの不安を抱えながら働くことは精神衛生上よくありません。

納得できるまで撮り直しや修正をしてもらうことも大事です。

それに加えて雰囲気を変えるポイントがあります。

①髪型を変える

目、鼻、口などのパーツは、修正やモザイクで判断できなくなりますが、その人の雰囲気は髪型で左右されます。

髪の毛を流す方向、アイロンで巻く、分け目を変えるなど、できるだけ普段と印象を変えましょう。

②服装を変える

体験入店用の写真を私服で撮る店があります。

上着を着たままで撮ることは少ないでしょうから、ニットやブラウス、スカートなどは普段あまり着ないものを選びましょう。

お店に貸し衣装がある場合はそれを貸してもらうのも有効です!

じゃあ身バレの心配はないの?

これまでご説明したように、パネルを一目軽く見られただけで知り合いに気づかれる可能性は、極めて低いです。
知人バレに関しては、写真以外の所からバレにつながるケースの方が圧倒的に多いのです。

たとえば、買い物が派手になってきて何らかの疑いをかけられた後に、たまたま写真を見られて一気に危ない状況に陥る…といったケースがあります。

こういうケースでは、そもそも買い物に注意していれば、周りからも風俗の疑い自体をかけられないということになります。

そもそも、自分の娘や彼女、友達が風俗をしているなんて想像しませんよね?

疑いが何もない状態で、仮に写真を見られても特に何とも思われずにおしまいです。

似てるな…と思われても、それ以上は判断する材料が無いのでそこ止まりなのが普通です。

バレに関しては、女性側の日常での不注意が原因となっているケースが圧倒的に多いです。

裏を返せば、日常生活を普段と同じ様子で過ごしていただければ、バレはほぼ完ぺきに防げるということです。

「デリヘルしててもおかしくない」と周りに思われるように生活してるとより安心ですね♪

身バレ防止のポイント

自分自身が安心できるように、このポイントをなるべく抑えてください。

  • パネルは雰囲気を変えて撮り、別人に修正してもらう
  • 自分の地元とちょっとでも離れたお店を選ぶ
  • 普段の生活を落ち着かせる

自分の為に、トラブルが起きないよう気を付けて、安心安全に稼いでください♪

こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

-→働き方, 【コンパニオン関連】
-, , , , ,

Copyright© デリヘルの辞書 , 2022 All Rights Reserved.